施術後はイイんだけど戻るんだよね

 

 

「施術後はイイんだけど、しばらくするとまた症状が戻ってくるんだよね。」
そんなことを言う患者さんいませんか?

 

そんな患者さんの訴えに
お悩み中の先生、

 

実は僕も同じでした(^^;)

 

こんにちは。
日本パーフェクト整体普及協会の
冨田です。

 

今回のブログは

 

「なぜ症状が戻ってしまうのか?」

 

についてお伝えしますね!

 

パーフェクト整体の“強み”は

 

ミリレベルで全身の関節の
隙間を調整することで

 

関節が本来持つ動きを

 

取り戻すことが出来る!

 

だけではないんです!

 

あまり知られていませんが

 

本講座では手法以外にも

 

患者さんへの

 

・ADL指導
・セルフケア指導

 

にとても力を入れています。

 

その理由として

 

一方的な受け身の施術では

 

「本当の問題 」

 

は解決出来ないからです。

 

私たち治療家の仕事は

 

痛みや不具合を
取りのぞくことです。

 

身体がもつ本来の機能を
取りもどすところまでが

 

「私たちのゴール」です。

 

そして

 

その身体の状態を維持するのは

 

「患者さんの仕事」です。

 

だから症状が戻ってしまうのは

 

“半分は”

 

患者さん自身の責任です。

 

でも半分はそれを維持する方法を
しっかりと指導できない

 

「治療家の責任」です!

 

実際、ちゃんと指導すると
患者さんは本当に良くなっていきます!

 

そして何より
術者がとても楽になります!

 

わんこそばとバイキングを
施術にたとえるなら

 

わんこそばのように
ずっとお客に付き添って
おかわりを与え続ける労力か

 

バイキングのようにお客に
勝手にとりに行ってもらい

 

足りないところだけ
補充する労力で済ませるか?

 

くらい差が出ます。

 

バイキングの厨房で
料理で作る量はハンパないけど
その労力は?

 

というツッコミは
ナシでお願いします(笑)

 

そもそも治療家は
責任感の強い人が多いので

 

そんな患者さんの
責任の領域まで

 

自分で負ってしまいがちです。

 

僕自身も

 

それで眠れなくなって
体調を崩すほど

 

いっぱい悩んできました。

 

だから僕は

 

しっかりと「ここまでが自分の責任」と
言いきれる自信が持ちたくて
パーフェクト整体を学びました。

 

そうなるとより一層

 

施術後の良い状態を維持する方法を
教えることも

 

「治療家の大事な仕事」

 

だと思うようになってきて

 

必ず姿勢指導とセルフケアを
行っています。

 

でも、ここで一つ問題が出てきます。

 

そう、

 

教えてもやってくれないんです・・・

 

こういった声に共感される先生も
多いのではないでしょうか。

 

これって患者さんが悪いように
聞こえるけど

 

実は治療家の○○が足りないんです。

 

その○○については
明日のブログでお伝えしますね。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございます(^_^)

 

冨田


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冨田 公央

東京エリア
冨田 公央

私は、自分の受け持つ塾から整体難民を救う治療家を100人出すことを目指しています。パーフェクト整体を日本から世界に広めていきたいと思っています。パーフェクト整体は必ず世界に通用する技術です!それを一日も早く達成するために一回一回の講座を最高の質でお届けすることをお約束いたします。ぜひ私と一緒に世界中の整体難民をなくしていきましょう!