セルフケアを教えてもやらない患者さん

 

 

患者さんが自分の身体に興味を持ち、自ら積極的にセルフケアに取り組むようになったら嬉しくないですか?
=======================
パーフェクト整体式セルフケアセミナー開催決定!
https://24auto.biz/karadasien/registp.php?pid=2
=======================

 

おはようございます。
日本パーフェクト整体普及協会
認定講師の冨田です。

 

前回、セルフケアや姿勢指導をしても
「患者さんがちゃんと継続してくれない」
という大きな問題が出てくる!

 

というお話をしました。

 

今回はその続きです。

 

患者さんが取り組めない理由の
1つとして

 

「治療家の説明が不十分」

 

というのがあります。

 

患者さんがちゃんと
やってくれないんですよ

 

という先生に

 

よくよく指導方法を聞くと

 

施術の流れでそのまま

 

「やり方だけ」

 

を伝えているんですね。

 

なぜやるべきなのか?

 

やるとどんな変化が得られるのか?

 

をしっかりと伝えるだけで
患者さんの取り組み方が
全然違ってきます!

 

今回は僕が

 

患者さんや
カルチャーセンターの講座で

 

必ずお話している

 

「治療とセルフケアの違い」

 

についてお伝えしますね。

 

治療とセルフケアを

 

・刺激量

 

・変化速度

 

・リスク

 

・お金

 

・専門性

 

・取り組む目的

 

で見てみると

 

【刺激】
治療:高い   
セルフケア:低い

 

【変化速度】
治療:早い
セルフケア:ゆっくり緩やか

 

【リスク】
治療:ある
セルフケア:少ない

 

【お金】
治療:かかる
セルフケア:無料

 

専門性
治療:専門家が行う
セルフケア:患者さん自身が取り組む

 

【取り組む目的】
治療:今ある問題を解決
セルフケア:根治的

 

といった感じで説明するのですが

 

こうしてみると

 

「治療」と「セルフケア」は

 

互いの足りないところを
補える関係にあり

 

人生を健康な状態で送るためには

 

治療だけではダメ
セルフケアだけでもダメ

 

両方が必要だということが
理解してもらえるでしょう!

 

治療家にしてみたら
当たり前のことかもしれませんが

 

コレ、一般の方はあまりわかっていません。

 

例えば

 

施術を連日で受けられれば
身体は回復が早いですが

 

当然お金がかかってきます。

 

でも、セルフケアをすることで

 

その人にとって最適なバランスで
自分の身体を治していくことが
出来るのです!

 

しかも、続けることで
身体が壊れにくくなり

 

健康維持増進に役立つ!

 

こうした説明をすることで

 

セルフケアにちゃんと
取り組んでくれる患者さんが
増えてきます!

 

でも

 

それをやったら
患者さんが来なくなって

 

売り上げが下がってしまう。。。

 

と思う先生もいるかもしれませんが

 

実際にはそんなことありません。

 

その理由については・・・

 

また、明日お伝えしますね。

 

今日も素敵な一日になりますように(^^♪

 

冨田

 

 

自分の治療院でも
セルフケアをもっと充実させたい!
とお考えの先生は

 

「ありそうでなかったセミナー」
のご案内(^_^)v
コチラをご覧になってみてください!
https://24auto.biz/karadasien/registp.php?pid=2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冨田 公央

東京エリア
冨田 公央

私は、自分の受け持つ塾から整体難民を救う治療家を100人出すことを目指しています。パーフェクト整体を日本から世界に広めていきたいと思っています。パーフェクト整体は必ず世界に通用する技術です!それを一日も早く達成するために一回一回の講座を最高の質でお届けすることをお約束いたします。ぜひ私と一緒に世界中の整体難民をなくしていきましょう!