どこまで検査していますか? 仙腸関節

こんにちは(社)日本パーフェクト整体普及協会、
認定講師の織田です

今日は「仙腸関節」について投稿させていただきます

整体やカイロプラクティックなど骨格調整
をされている方が必ず見ている部位

「骨盤」

骨盤の歪みは体幹のみならず四肢、頭部
への影響は計り知れず

その影響の大きさはみなさんの現場で
日常的に目の当りにされていると思います

その骨盤を構成する関節には、仙腸関節、
恥骨結合がありますが、

今回は仙腸関節についての話です

仙腸関節はその特徴的な形状の関節面である
【耳状面】によりからだをがっちりと支えています
*イメージがあいまいな方は解剖学図をご確認ください

パーフェクト整体基礎講座においても、
まずからだの中心の骨盤(##仙骨、仙腸関節、
腰仙関節、恥骨結合##)を見ていきます

私が、初めてパーフェクト整体の
本講座(ベーシック)を受けた際に

とても印象的だったのが、
「仙腸関節」の検査の仕方です

その検査方法を習い実践するようになり、
仙腸関節の調整がとても効果的にできるようになり、

施術後の結果が大いにかわりました

今日はこっそりその検査方法をお話ししますね

それは
「仙腸関節の関節面である【耳状面】を分割してみる」
です

基礎講座は、耳状面を6分割して、
関節の固さや可動の悪いところを検査、触知
できるように練習し、対応する手法を指導しています

仙腸関節調整の手法もそのポイントを
確認しながら細かくみていきます

上達してくるとさらに細かく
分割して触知することができます

私はそれまで、ASISやPSIS、恥骨結合
だけを指標にして検査、調整をしていたので、

それまで以上に細かい検査触知が
できるようになり大いに役立ちました

それでも片平先生からは
「それは基礎だから、もっともっと細かく見てね」
と言われますが。。笑

もし骨盤の調整がいまいち決まらない、
仙腸関節の可動制限がどこかわからない!
って方は、この辺をチェックしてみてはどうでしょう

施術結果がどんどん変わっていきますよ
それでは今日も元気に頑張って行きましょう


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元認定講師 織田茂裕


元認定講師 織田茂裕