梶克美(かじかつみ)

梶 克美

大阪エリア 梶 克美先生の

こんにちは
大阪の枚方市で『ひらかたレディース整体 宙sora』をしている院長
パーフェクト整体普及協会 認定講師「大阪のおばちゃん 梶 克美」です。

■ 楽になってもらえないに悔しくて

母子家庭で3人の子どもとの暮らしをまもるために、
ありとあらゆる仕事をいろいろしてきた私でしたが、化粧品セールスが嫌で
はじめたセールスレディーのためのエステ講師が楽しく
その延長で、カラダのこりもほぐしてあげようと整体業界に踏み入れました。

整体学校を卒業したら、整体師として自立できると
思っていたにも関わらず、リラクゼーションの域を超えない技術。

その場が気持ちよかったらいいだろう。

何度もそう自分に言い聞かせますが、肚の中から違うという声がこだまします。

治したいと思っているお客さんは全くいないので、
私だけが思っていたものの、月に1度見えるご婦人の足腰が毎月弱って
ある日、杖をつかれていらっしゃいました。

私は頭をハンマーでどつかれるようなショックを受けていたのに

このご婦人も気持ちよく揉んでもらうことが目的だったので
何も気にされてない。
という事実に、再度頭をどつかれたショックでした。

ちゃんと治せる技術を持ちたい!

肚からの声が口に出てきた瞬間でした。

■ 片平先生のyoutubeを見つけて

こんなすごい技術を無料で公開していいのか?と思いながら
食い入るように、各動画を何回もみていました。
見よう見まねでも、効果のある技術、やっぱりちゃんと整体として
やっていきたい と願うように・・・そしてメルマガ読者に。
何千といる読者のひとりの質問にも返信くださった片平先生の大ファンになり
絶対お会いしたいと願うようになりました。

■ 入塾を何度も断られ

お金のなかった私には、DVDを購入することができず、迷っている間に
売り切れになり、とても後悔した。という前提があったので、

東京での塾開催のメルマガに、すぐに入塾希望を出しましたが、
基本のない女性には、難しすぎるからと
何度も断られましたが、

何度もお願いして根負けした先生の「まず1日目だけ来てみますか」
というので、実現しました。

■ 1部位につき100人

当たり前ですが、技術は一朝一夕で得れるものではない

塾の内容は、簡単なものではありませんでした。
解剖学もそうですが、骨を把持すること、関節内を指の感覚でみれること
そして覚えた技術を再現できるために、最低月100人施術して覚えること

自宅でのんびりやってた私には、とても高いハードルの人数でしたが、
モニターという形で、月100人夢中で施術しました。

まだまだ未熟だった私の手技でしたが、みなさんとても喜んでもらえて
夜間痛で困っていた五十肩の人が、「眠れるようになった」とお礼をいただいたことは
私に大きな自信と覚悟をいただきました。
その時のモニターさんの何人かは、今でもメンテに通ってくださっています。

■ カラダを正しく使う取扱い説明書になろう

カラダを取り扱うプロとして、ちゃんと取り扱い方を指導しなければならないと考えています。

車も新車を買ったら、ガソリンはどこから入れるのか?
タイヤやオイルなどのメンテはどうするか
学んでおかないと、上手に快適に長いことドライブできません。

わからない時はディーラーの整備士などに聞くでしょう。

それと同じで、カラダの不調がどうしてなったのか
正しくない使い方を指摘して、あらためるように工夫してもらう。
そんな、取扱い説明書でもあるからこそ、正しく使えるカラダに整えれるのです。

P整体はそんな基本的なことを患者さんの言葉で伝えられる
ということも大きな利点です。

つまり「みたて」ができる。
これはとても大きな力になります!

■ 落ちこぼれの塾生だったからこそ、お伝えできることがある

偉そうに言っても、最初は言われたことができなくて
勉強したことを覚えられなくて、本当に悔しくて、苦しかったです。

きっと皆さんのほうが、当時の私よりずっとレベルが高いです。

だからこそ、暗黙知となっている、わかっていて当たり前のところも
こうするとわかるのではないかと 模索しながらお伝えしています。

できないからやらないではなく、
できないけど、覚える!という強い意志のある方にお勧めしたいです。

■私の思いは

私に縁した人が、自分らしく生き抜いてもらうこと

あなたの地域のあなたの患者さんになるかもしれない人たちに
あなたを通して、この思いが伝わればいいなあと講師になりました。

「先生、ありがとう」と言われる言葉は、もう麻薬のごとく
とても幸せな気持ちになり、患者さんの笑顔は、周りの人たちの笑顔になります。

最後に私と縁してくださった人が、全て幸せになってもらう自信があります。
私からは決して裏切りません。

梶 克美

プレセミナーのお申し込みはこちら