見た目は大事?

 

 

こんにちは!
大阪で認定講師をしております田代です。

 

本日もブログをご覧いただき
本当にありがとうございます。

 

3月にとんだ失敗をしました。

 

パソコンのクリック一つで
自院のホームページが真っ白・・・

 

失敗直後は手が震えるほどでした。

 

ただでさえ
3月は風が強くふき
気持ちがざわつきやすい季節なのに

 

ざわつくどころか
久しぶりの動揺しました。

 

そんな3月でしたが
4月は穏やかに過ごしたいものです。

 

本日は
「見た目は大事?」というお話です。

 

人を見た目で判断してはいけない?

 

子どものころに

 

「人を見た目で判断してはいけません」

 

と誰かに教わったような記憶が

 

どなたにもあるのではないでしょうか。

 

しかし

 

私も年齢を重ねて

 

人は見た目で判断できる事もある
と考えが変わってきました。

 

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」

 

とは第16代アメリカ大統領リンカーン
の有名な言葉だそうですが

 

40歳も過ぎれば
その人の品性や知性、考え方が顔や見た目に表れ
隠そうにも隠せないものがありますよね。

 

もちろん40歳を超えてからも

 

立場や置かれている状況によっても
顔や見た目はどんどん変わっていきます。

 

人の身体も同じではないでしょうか。

 

「見た目で判断してはいけない」

 

とは誰も言ってはいないような気もしますが

 

見た目はあまり気にしないよ
という先生もいらっしゃると思います。

 

確かに
「見た目だけでは判断してはいけない」ですよね。

 

「見た目の判断も」
大事ですというのが私の考えです。

 

いわゆる視診ですが

 

「見た目の違和感を逃さずに見つける」

 

そうすることで
本当の原因にたどりつくこともあります。

 

その逆で

 

変形していれば
その悪さは一目瞭然ですが

 

一見よさそうに見えても
実はそこに悪さが潜んでいることもあります。

 

それを探り当てるのが
プロの仕事なのではないでしょうか。

 

違和感といったものを探り当てるいうのは
直観ともいうものかもしれませんが

 

直観はただの山勘とは違い

 

多くの知識と経験で培われるもの。

 

日々の積み重ねで
だんだんさえてくるものなんですよ。

 

見た目はいつ何を確認するのか

 

施術前は

 

立位や座位で重力のかかっている状態
仰臥位で重力のかかっていない状態
動かしてみての状態

 

での全体の様子を見ます。

 

この時点ではざっくりとしたもの
何かがおかしいとか
違和感といった程度のものでもいいと思います。

 

施術中は

 

患側と健側の差異をみます。

 

不調を訴えている部位の左右差

 

原因と思われる部位の左右差

 

といった部位に
クローズアップしてみていきます。

 

この時点では
もう少し細部に目を向けて見てくださいね。

 

施術後は
再び全体の見た目の確認します。

 

部位ごとでは整っていても

 

全体のバランスがあっていない
という事があります。

 

取り残しがあるという事です。

 

この時点では
取り残しているところがあるという視点で
見てみてください。

 

見た目にだまされた・・・

 

見た目のゆがみが大きいと
そのゆがみにとらわれてしまう事があります。

 

例えば
寝た姿勢で片足の先が大きく倒れている

 

肩の高さの左右差が大きい

 

骨盤の高さの左右差が大きい

 

足の長さの左右差

 

こういったものに
影響されてしまう事があります。

 

私の失敗例ですが

 

パーフェクト整体では
骨盤をゼロポジションにして整えます。

 

つまり整った骨盤を基準に
上半身・下半身を整えていくという考え方。

 

そのため
ゆがみの大きかった
骨盤を整えることに目が行き過ぎて

 

本当の原因部位
この時は足首まわりでしたが

 

一見よさそうに見えた
足首まわりにあった悪さ
に気づくまで時間がかかり

 

よくなるまでに必要以上に時間
がかかってしまったことがあります。

 

正解は美しい

 

よく数学の世界では
「正解は美しい」といいますが

 

体も同じなのではないでしょうか。

 

整った身体は美しい。

 

パーフェクト整体では

 

各関節を解剖学的に正しい位置
に誘導していきますが

 

その解剖学的に正しいという事の目安は

 

関節に段差がなく
つるっとしている

 

というのが一定の目安になります。

 

どのような姿位でも
ひずみのない状態になります。

 

すみずみまでよどみのない動きと
すーっと伸びた美しい姿勢。

 

見た目に注目してみるのも大事ですよね。

 

ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田代 幸美

大阪エリア
田代 幸美

日本パーフェクト整体普及協会の目的は、「どこに行っても治れない患者さんを助けるパーフェクト整体の技術をお伝えすること」です。 どこに行っても治れない患者さんを助ける技術は、古今東西決して楽で簡単なものはありません。パーフェクト整体もまたしかりです。 しかしそれ以上にどこに行っても治れない患者さんを助けるという志のある方にとっては、とてもやりがいがあり、そして患者さんに心から喜んでいただけて、お店も繁盛して結果が伴うものです。 あなたの目指す治療家になるため、今日一歩踏み出してみましょう。