股関節の痛み

 

 

こんにちは!
大阪で認定講師をしております田代です。

 

本日もブログをご覧いただき
本当にありがとうございます。

 

選挙があると
理美容界、飲食業界は集客が鈍るようですね。

 

治療院業界はどうなんでしょうか…

 

10月以降の集客落ち込んできていないですか?

 

本日は
股関節の痛みについてです。

 

股関節のまわりがパツンパツン

 

股関節まわりのトラブルと一言で言っても
いろいろありますね。

 

私の院は女性専門なので
股関節のトラブルを扱う事が多いのですが

 

中でも多いのが

 

前側、骨頭付近の痛み

 

鼠径部のあたりの痛みを扱うことは多いです。

 

腸骨の内側から大転子のまわりまでが
かなり広い範囲で張っている方や

 

大腿を内側にも外側にも倒せない状態のになって
おられる方もいらっしゃいます

 

本日は
そんな股関節のまわりがパツンパツン
になっている方の調整についてです。

 

関係してくる部位

 

軽症の場合は

 

骨盤と腰椎2番あたりから5番にかけて
丁寧に整えてあげて

 

股関節の調整をすれば

 

楽になっていただけます。

 

それが
パツン、パツンの場合は
事情が違ってきます

 

骨盤や腰椎、股関節はもちろんですが

 

膝関節や脛腓関節、足関節まで
絡んでくることがあります。

 

膝関節・足関節・脛腓関節

 

股関節の骨頭あたりが痛む場合

 

大腿骨の内側顆のあたり
膝の内側がゆるんでいるか
内転筋群がゆるんでいるか

 

チェックする必要があります。

 

大腿骨の内側顆、外側顆を持って
くるくる骨頭を動かして
動きがあるでしょうか。

 

立った時や歩いて痛む場合は
足は必ずチェックしてくださいね。

 

骨盤と腰椎とのバランス

 

股関節の状態が悪くなって長期になると

 

細腰のあたりの
しこりのような腰の張りが出てきます。

 

これは股関節が整うと取れてきますよ。

 

腰が反り気味になっていないかも
チェックしてみたほうがいいですよ。

 

骨盤は整っているのに上手くいかない場合
骨盤の上下、前後のズレはないのか
確認をしてみてくださいね

 

対側もチェック

 

対側のバランスが悪いケースもあります。

 

対側の膝が悪いといったケースの場合

 

そちらが先に良くならないと整わない事もあります。

 

最後に
取れにくい場合

 

私の経験上
股関節にとらわれすぎないという事です。

 

同側の膝の調整だけで
股関節の痛みが取れたり
可動域が正常化したりする事があります。

 

近視眼的になりすぎず
全体を見て
良く触診して

 

見逃しているところはないか
優先順位は合っているか

 

確認してみてくださいね。

 

ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田代 幸美

大阪エリア
田代 幸美

日本パーフェクト整体普及協会の目的は、「どこに行っても治れない患者さんを助けるパーフェクト整体の技術をお伝えすること」です。 どこに行っても治れない患者さんを助ける技術は、古今東西決して楽で簡単なものはありません。パーフェクト整体もまたしかりです。 しかしそれ以上にどこに行っても治れない患者さんを助けるという志のある方にとっては、とてもやりがいがあり、そして患者さんに心から喜んでいただけて、お店も繁盛して結果が伴うものです。 あなたの目指す治療家になるため、今日一歩踏み出してみましょう。