硬膜の影響を体感してみよう!

 

 

おはようございます。
日本パーフェクト整体普及協会
認定講師の冨田です。

 

この4月で
うちの長男も
中学生になりました。

 

新しい学生服に
着なれないワイシャツを着て
中学校に通っていく姿をみて

 

親としては
頼もしくもあり
少し寂しさもあります。

 

さて、

 

パーフェクト整体の本講座の
初回に「硬膜調整」というのを
学びます。

 

専門学校では

 

「硬膜は脳と脊髄を守るために

 

頭蓋骨から脊柱の中を
覆っている硬い膜です。」

 

という程度しか
学んでいなかったので

 

整形外科に
勤務していた時には

 

治療や施術に
硬膜をどうこうする

 

なんて視点が
全くありませんでした。

 

ご存知だと思いますが

 

「硬膜」は

 

頭蓋骨や脊柱の内側を覆い

 

硬膜袖から神経と一緒に出て

 

どこからともなく
筋膜や骨膜とつながり

 

筋肉や関節の運動に
連動しています。

 

特に

 

頸椎1番と後頭骨の部分

 

末端は仙骨2番のあたりで
強固にくっ付き

 

その終末は
尾てい骨の骨膜に
つながります。

 

パーフェクト整体では
この硬膜を

 

「モゾモゾ体操」

 

で緩め

 

脳脊髄液の循環を
良くするセルフケアを
指導していますが

 

本講座では術者が施術で
硬膜を緩める手法も
教えています。

 

硬膜がゆるむと

 

骨盤矯正や
脊椎矯正だけでなく

 

四肢の矯正を行う際にも

 

とてもやりやすくなりますので
施術のはじめに行うことで
スムーズに検査も施術も行えます。

 

これって学生服と
ワイシャツみたいなもので

 

学生服の生地が分厚いせいで
動きづらいのを

 

「骨格の硬」さだとすると

 

「硬膜の硬さ」は

 

ワイシャツが学生服の内側で
引っかかっていることで
起こる動きづらさのようなものです。

 

たまに学生服の下に
ジャージを着て
帰ってくることがありますが

 

そっちの方が動きやすくて
楽だそうです。

 

硬膜調整をすると
そんな感じに

 

動きやすくなると
思ってください。

 

硬膜の違いを
体感するために

 

現時点で
前屈した時の身体の硬さを
チェックしてみて

 

「モゾモゾ体操」

 

1~2週間続けてから

 

再度前屈した時に
身体の硬さが

 

どう変化するか
試してみてください。

 

柔らかくなった分が
硬膜の影響による硬さです。

 

ぜひお試しください!

 

今日も素敵な一日になりますように(^_^)v

 

冨田


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冨田 公央

東京エリア
冨田 公央

私は、自分の受け持つ塾から整体難民を救う治療家を100人出すことを目指しています。パーフェクト整体を日本から世界に広めていきたいと思っています。パーフェクト整体は必ず世界に通用する技術です!それを一日も早く達成するために一回一回の講座を最高の質でお届けすることをお約束いたします。ぜひ私と一緒に世界中の整体難民をなくしていきましょう!