バネ指の施術動画

おはようございます。

夏・祭り・花火
大好きな季節がやってきました!

ご機嫌いかがでしょうか?

パーフェクト整体
「認定講師」の冨田です。

今回はパーフェクト整体による
バネ指の施術動画アリです。

バネ指の引っかかりが
取れてくる

ビフォーアフターの変化を
観て頂ければと思います。

対側の前鋸筋および外腹斜筋がキモ

実はこの動画の翌週に
再度施術をしています。

その時

この動画を撮影した施術後から

少しだけ引っ掛かりが
戻っていました。

右の上肢はしっかりと
とれているハズ

とすると

残っている原因は
違う所にある!

そう判断した理由は

上肢の場合
体重がかかっていないので

一度しっかり緩めることが
出来れば

よほど過酷な使い方を
していない限り

施術後の状態は
保てるからです。

そこで気になったのが「対側」

対側の前鋸筋と外腹斜筋に
マニプレーションかけてみると

引っかかりがキレイに消える

対側の肋椎も肩甲骨も
施術はしていたのですが

肋骨の背面側だけで
良しとしていたのが
取りこぼしでした(^^;)

肋骨の

「側面から前面」

にかけての
ハネ上がりを見逃していた

ということです。

肋骨の側方および前面と
肩甲胸郭を緩めたら

見事にひっかかりが消えました!

イマイチ結果が出ない時には
患側にとらわれず

色々な部位に視点を
移してみましょう!

身体は面白いくらいに
繋がっています。

バネ指や腱鞘炎を
治せるようになると

近所に治療院が出来ても
全く気にならなくなります。

そろそろスッキリと
結果を出したい先生は

ぜひプレセミナーにいらしてください!

=================
バネ指施術動画

=================

※7月8月の東京プレセミナーにご参加下さった先生には特典がございます!

今回ご紹介したバネ指の
患者さんに対して

どのようにしてピンポイントで
対側の肋骨が原因だと
見つけることが出来たのか?

パーフェクト整体が使えなくても
効果が出せる

施術ポイントの見つけ方について
お伝えします!

ぜひご参加ください!(*^-^*)

今日も素晴らしい一日になりますように♪

冨田


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冨田 公央

東京エリア
冨田 公央

私は、自分の受け持つ塾から整体難民を救う治療家を100人出すことを目指しています。パーフェクト整体を日本から世界に広めていきたいと思っています。パーフェクト整体は必ず世界に通用する技術です!それを一日も早く達成するために一回一回の講座を最高の質でお届けすることをお約束いたします。ぜひ私と一緒に世界中の整体難民をなくしていきましょう!