耳鳴りが!

「1週間くらい前から、左耳がワンワンと
耳鳴りがして、辛いんです。」

30代介護職をされている女性がいらっしゃいました。

施術後
「鳴ってない!こんなところが原因だったなんて!!」
と驚かれながら、お帰りになられました。

こんにちは、
大阪のおばちゃん 認定講師の梶です。

こちらは目について話しています。
https://www.facebook.com/sorasorasorasido/videos/1339046306202891/

昨年9月から月イチの1年間限定で行われている
三澤先生の解剖学講義

6月は目、耳、鼻 のところで、
まさに学んだところがすぐに役立てた事例です。

耳はご存知の通り、側頭骨にあるのですが、
空洞のところとリンパ液が満たされているところで
音をキャッチしたり、平衡感覚が保たれたりします。

小さな部位の中にとても高度なつくりに
あらためて感動した次第ですが

そのリンパ液に音を伝える空洞にある小さな骨たちは
小さな筋肉で微妙に動いているということ!

リンパ液や筋肉、そして、耳の構造をよ~く見ていると

AHA!

肩甲胸郭の施術で耳鳴りがいい感じになってきた理由が
わかっちゃいました!

そして、加齢からの耳鳴りが完全に良くならない理由も。

胸郭出口には、ややこしいくらいに骨や筋肉が
重なるように交差して、
神経や血流、リンパ液なども複雑に入り乱れています。

肩こりと一般に言われている症状には、
かなりの幅があり

寝れば楽になるものから
手のしびれ、頭痛、耳鳴りまでおこるくらい酷いもの

後者になると、筋肉緊張が骨格レベルから起こっている
と考えられ、つまり歪みを整える必要があるということです。

いらっしゃったこの方も、左肩が完全に前側に倒れ
肩甲骨も右に比べて外側にずれていました。

そこで肩甲骨を元の正しいところへ誘導し、
胸郭出口を確保したら・・・

「鳴ってない!こんなところが原因だったなんて!!」

となった訳です。

正確に言うと、左肩がなぜその場所にいたかという
ことを観察して、足の舟状骨の調整をしたのですが。

私の仮説の立て方は、その人のカラダになりきって
カラダがどうしたいかを妄想すること。

ロジック(理論的)でないので、説明しきれないのですが
現実のモノ(ここでいう解剖学)を知ることで
やるべきことが湧いてきます。

そして、確実な技術は、その仮説を的確に検証できることになります。

ちょっといいと思いませんか?

P整体は、その技術を提供しています。
URL: http://herumes-jpsa.com/

今日も笑顔とLOVEで、カラダと仲良くお過ごしください。
最後までお読みくださってありがとうございます。
私のブログは今回で最後です。

よくわかったわ~
面白かった~
なるほど!って思いました。

っと個別に感想をいただけて、とても励みになりました。
ありがとうございました。

これからも、このブログ楽しみに待っててください。

片平 悦子

パーフェクト整体創始者
片平 悦子

OLからの転身し、はり師,灸師、あん摩マッサージ指圧師資格取得し、2008年女性専用治療サロン「ヒーリングセンターヘルメス」代表。2010年、「女性治療家塾ヘルメス」主宰。2014年より、一般社団法人日本パーフェクト整体普及協会を設立し、認定講師による「パーフェクト整体」ヘルメス塾を全国数カ所で展開。